1. downloads
  2. business software
  3. news
  4. reviews
  5. top apps
ダウンロードする VMware Player 14.1.1

VMware Player 14.1.1

VMware Inc  (フリーウェア)
ユーザーによる評価
広告

バーチャルマシンとは、ソフトウェア内で定義されるコンピュータです。お使いのPC内で、他のPCを動作させるようなイメージです

このフリーのデスクトップ仮想化アプリケーションは、その他Microsoft Virtual ServerバーチャルマシンまたはMicrosoft Virtual PCバーチャルマシン同様、VMware Workstation、VMware Fusion、VMware ServerまたはVMware ESXによって作成された全てのバーチャルマシンの操作性を高めます。

  • 単一のPC上で、同時に複数のOSを起動。
  • インストールや設定の手間の要らない、プレコンフィグ製品の恩恵を体験
  • ホストコンピュータとバーチャルマシン間でデータを共有
  • 32ビットおよび64ビットのバーチャルマシンを稼動
  • 2-way Virtual SMP機能を利用
  • サードパーティー製のバーチャルマシンおよびイメージを使用
  • 幅広いホストおよびゲストOSに対応
  • USB 2.0デバイス対応
  • スタートアップ時に機器の情報を取得
  • 直感的なホームページ型のインターフェースを通して、バーチャルマシンに容易にアクセス
タイトル: VMware Player 14.1.1
ファイル名: VMware-player-14.1.1-7528167.exe
ファイルサイズ: 90.64MB (95,039,704 バイト)
動作環境: Windows 2000 / XP / Windows 7 / XP 64-bit / Vista 64-bit / Windows 7 64-bit / Windows 8 / Windows 8 64-bit / Windows 10 / Windows 10 64-bit
言語: 多言語
ライセンス: フリーウェア
追加日: 2018年01月10日
作者: VMware Inc
www.vmware.com
MD5チェックサム: 8D84A77001A80B505227388A9BAC0736

Security:
This update exposes hardware support for branch target injection mitigation to VMware guests. This hardware is used by some guest operating systems to mitigate CVE-2018-5715 (also called by the name "Spectre").
For a guest operating system to use hardware support for branch target injection mitigation, the following steps must be taken:
Install this update of VMware Workstation Player.
Ensure that your VM is using Hardware Version 9 or higher. For best performance, Hardware Version 11 or higher is recommended.
Update your guest operating system with fixes for CVE-2018-5715 (consult the operating system vendor for these updates).
Update the host firmware (or CPU microcode, if host firmware cannot be updated).

blog comments powered by Disqus