広告

PDF Server For Windows Server 2008

7.0.0.7229

PDF Logic Corporation(トライアル版)

ユーザー評価8

広告

PDF Server for Windows Server 2008は、仮想プリンター、PDF Creator for Windows 7をインストールします。このプリンターは、印刷機能を備えたWindowsアプリからPDFファイルを作成できます。また、ファイルを他の形式からPDFに変換することもサポートしています。

広告

PDFサーバーWindows Server 2008では、任意のWindowsアプリからこの「仮想」プリンターに印刷し、高品質で検索可能なカラーPDFを受け取ることができます。 PDFは、パスワードや許可で保護できます。フォントを埋め込み、画像のCMYK、sRGB、RGB出力を選択することもできます。

主な機能は次のとおりです。

  • グラフィックスと画像圧縮。
  • RGB、sRGBおよびCMYK色空間をサポートします。
  • ICCプロファイル。
  • 128ビットRC4コンテンツ暗号化。
  • PDF出力オプション。
  • ターミナルサービスとCitrix MetaFrameファームのサポートPDF変換の一元化。
  • クリックするだけでユーザーに印刷権限を付与します。
  • 共有可能なPDFプリンターを動的に有効または無効にします。
  • クライアントインストールユーティリティを使用して、クライアント側ユーザー向けにサーバー側でPDF Creatorプリンターを共有します。
  • PDFプリンターをネットワーク全体で共有プリンターとして展開します。
  • PDFサーバー管理による完全な制御。
  • コンソール簡単なソフトウェア配布とアプリケーション統合。
  • プリンタードライバー統合のためのカスタムアクションDLLインターフェイス。
  • 出力準備完了を押します。
  • PDF 1.4およびPDF 1.5をサポートします。
  • Adobe PDF、PDF / XおよびPDF / A出力可能。

PDF Server for Windows Server 2008は使いやすく、いくつかのカスタマイズオプションが用意されています。たとえば、PDF用紙サイズの設定、カスタム用紙サイズの定義、ページの方向、スケーリング、PDF解像度の指定もできます。

PDF Server for Windows Server 2008では、PDFの結果を作成後に表示できるため、必要に応じてフォントを埋め込みおよびサブセットできます。また、画像のダウンサンプリングもサポートしています。

タイトル:
Windows用のPDF Server For Windows Server 2008、7.0.0.7229
ファイルサイズ:
2.56 MB
必要条件:
  • Windows XP,
  • Windows 2003,
  • Windows 7,
  • Windows 8,
  • Windows Vista,
  • Windows 2000,
  • Windows 10,
  • Windows 98
言語:
Japanese
利用可能な言語:
  • Japanese,
  • English,
  • German,
  • Spanish,
  • French,
  • Italian,
  • Polish,
  • Chinese
ライセンス:
トライアル版
追加日:
Friday, November 11th 2016
著者:
PDF Logic Corporation

https://www.pdfseven.com

SHA-1:
89da5d2368e80733dda2111bb9161e31b53af5eb

PDF Server For Windows Server 2008のバージョン7.0.0.7229に関する変更ログ情報はまだありません。出版社がこの情報を公開するのに時間がかかる場合がありますので、数日後にもう一度チェックして更新されたかどうかを確認した後、

アンケートにお答えいただけますか?

変更ログ情報に変更があった場合には、お客様からの連絡をお待ちしております!次に進みます。お問い合わせページ当社にご連絡ください。

広告

広告