広告

MovieCaptioner

2.3

SynchriMedia(トライアル版)

ユーザー評価6

広告

MovieCaptionerを使用すると、ムービーコレクションのキャプションを作成できます。これを使用すると、既存のトランスクリプトをインポートでき、出力ファイルをSRTやSUBなどのさまざまな拡張子に保存できます。

広告

このアプリは、聞こえる内容の入力が完了するまで映画の一部を繰り返すことで機能します。 Returnキーを押すだけで、キャプションが保存され、ムービーの次の数秒に自動的に進むので、キャプションのタスクをすぐに実行できます。

学習曲線は実質的に存在しないため、たとえばQuickTimeを使用する際に習熟する必要はありません。キャプショントラックは、ボタンをクリックするだけで自動的に追加されます。トランスクリプトをエクスポートする準備ができたら、MovieCaptionerはタイムコード付きまたはタイムコードなしですべてのキャプションを1つの簡潔なテキストファイルにコンパイルします。

すでにトランスクリプトがあり、それらをムービーのキャプションとして追加する必要がある場合は、MovieCaptionerでテキストをインポートできます。アプリは、SCC、STL、XML、SRT、QT Text、Adobe Encore、SBV、SUBなどの他のキャプション形式もインポートできます。

全体的に、MovieCaptionerは、コレクションの映画字幕の作成を支援するように設計された使いやすいアプリです。軽量で、フットプリントが小さく、学習曲線が浅い。強力なエクスポート機能を備えたMovieCaptionerは、メディアにCCを追加する必要がある場合に最適です。

タイトル:
Windows用のMovieCaptioner、2.3
ファイルサイズ:
17.70 MB
必要条件:
  • Windows XP,
  • Windows 2003,
  • Windows 7,
  • Windows 8,
  • Windows Vista,
  • Windows 2000,
  • Windows 10,
  • Windows 98
言語:
Japanese
利用可能な言語:
  • Japanese,
  • English,
  • German,
  • Spanish,
  • French,
  • Italian,
  • Polish,
  • Chinese
ライセンス:
トライアル版
追加日:
Wednesday, July 12th 2017
著者:
SynchriMedia

https://www.synchrimedia.com

SHA-1:
ed73e71fdaaa1eb274049bfba55a6cded974bbdd

MovieCaptionerのバージョン2.3に関する変更ログ情報はまだありません。出版社がこの情報を公開するのに時間がかかる場合がありますので、数日後にもう一度チェックして更新されたかどうかを確認した後、

アンケートにお答えいただけますか?

変更ログ情報に変更があった場合には、お客様からの連絡をお待ちしております!次に進みます。お問い合わせページ当社にご連絡ください。

広告

広告