1. downloads
  2. business software
  3. news
  4. reviews
  5. top apps
ダウンロードする Java Runtime Environment 8.0 build 181 (32-bit)

Java Runtime Environment 32-bit 8.0 build 181

Oracle  (フリーウェア)
ユーザーによる評価
広告

Javaソフトウェアを利用すれば、Javaプログラミング言語で作成された「アプレット」と呼ばれるアプリケーションを動かすことができます。 これらのアプレットを利用することで、静的なHTMLページをただ閲覧するよりも、より幅広くオンライン環境を楽しむことができます。

Java 2 Runtime EnvironmentやJava Standard Edition (JRE)などのJava Plug-in技術は、一般的なブラウザとJavaプラットフォームとの間に接続性を確立します。Javaは、ネットワークを通じてアプリケーションをダウンロードし、保護されたサンドボックス内で実行します。セキュリティの制限は、サンドボックスで簡単に設定できます。

またクロスプラットフォームなアプリケーションの多くは、正常に動作させるためにはJavaのインストールを必要とします。

タイトル: Java Runtime Environment 8.0 build 181 (32-bit)
ファイル名: jre-8u181-windows-i586.exe
ファイルサイズ: 61.55MB (64,536,952 バイト)
動作環境: Windows Vista / Windows 7 / Windows 8 / Windows 10 / Windows 10 64-bit
言語: 多言語
ライセンス: フリーウェア
追加日: 2018年07月17日
作者: Oracle
www.oracle.com
ホームページ: www.sun.com/java
MD5チェックサム: B97BE9584268202F2FBA665505F7828E

Removed Features and Options:
Removal of Java DB.
Changes:
Improve LDAP support.
Better stack walking.
Bug Fixes:
Unable to use the JDWP API in JDK 8 to debug JDK >=9.
JVM Crash during G1 GC.
Better stability with older NUMA libraries (-XX+UseNuma).
This release also contains fixes for security vulnerabilities.