ダウンロードする VLC Media Player 1.0.0 RC4

VLC Media Player 1.0.0 RC4

VideoLAN.org  (オープンソース)
ユーザーによる評価
Thank you for voting

Taking Video Snapshots With VLC Media Player

VLCメディアプレイヤーは、最も人気があり、複数のフォーマットに対応し、無料で利用できるメディアプレイヤーだ。このオープンソースのメディアプレイヤーは、非営利団体のVideoLAN Projectによって2001年に公表された。VLCメディアプレイヤーは、その幅広いマルチフォーマット対応性によってすぐさま人気を得た。多くの有名なビデオ、音楽ファイルフォーマットに対して無力なコンピュータのメディアプレイヤーであるQuickTime、Windows 、Real Media Playerらとレンダリングした相互性やコーデックの問題に取り組んだ結果、そのような対応性を得た。この簡単で基本的なUIやカスタマイズのオプションの膨大さがVLCメディアプレイヤーを無料メディアプレイヤーにおけるトップの地位でありつづけさせている。

柔軟性

VLCは、ユーザーが見つけられる音楽ファイルフォーマットのほとんどを再生する。これは公表当時、多くの人々が使用して、メディアファイルを再生しようとするときによくクラッシュまたは「コーデックミス」というエラーメッセージが表示された既存のメディアプレイヤーと比べると、革命であった。VLCはMPEG、AVI、RMBV、FLV、QuickTime、WMV、MP4を再生でき、他のメディアファイルフォーマットのロードを減らすことができる。互換性のあるファイルフォーマットのすべてをみるにはここをクリック。VLCメディアプレイヤーは、異なるフォーマットをロードできるだけでなく、VLCは部分的なまたは完全でないメディアもプレイバックでき、ダウンロードが終わる前に視聴することができるのである。

簡単に利用できる

VLCのUIは、間違いなく美しさを超えて機能性を特化した例である。基本的な外観は、しかしながらプレイヤーが極めて簡単に使えるだろうということを予期させる。ドラッグし、ファイルをドロップして、ファイルやフォルダを用いてそれらを再生、あるいは開き、それからクラシックのメディアナビゲーションボタンを使って再生、一時停止、停止、早送り、プレイバックスピードの編集、音量や明るさの変更ができる。スキンやカスタマイズオプションの膨大なバラエティの存在は、ユーザーの既存のメディアプレイヤーのようなVLCを選ぶことを避けさせるには基本的な外観だけでは十分でないだろう。

先進的なオプション

プレイバック、オーディオ、ビデオ、ツールや閲覧タブは膨大なプレイヤーオプションであり、VLCメディアプレイヤーの簡単なインターフェースがユーザーをからかうことのないように。グラフィックイコライザーやカスタマイズ可能な範囲圧縮設定を含む同期設定で再生することができる。SRTファイルをビデオのフォルダに加えることで、サブタイトルをビデオに加えることさえできるのだ。

まとめ

VLCメディアプレイヤーは、幅広く使え、安定していて、高品質の無料メディアプレイヤーである。現在10年以上にわたって無料メディアプレイヤー市場を独占しており、VideoLAN による定期的な開発や改良によって次の10年もそのようであろう。

Technical

タイトル: VLC Media Player 1.0.0 RC4
ファイル名: vlc-1.0.0-rc4-win32.exe
ファイルサイズ: 18.11MB (18,991,950 バイト)
動作環境: Windows XP / Vista / Windows7 / Windows8
言語: 多言語
ライセンス: オープンソース
追加日: 2009年06月18日
作者: VideoLAN.org
www.videolan.org
ホームページ: www.videolan.org
MD5チェックサム: 516CD1D0DD77A52834CE5A9729C228CE

Change Log

Changes between 0.9.9a and 1.0.0-rc4:
-------------------------------------

Important notes:
----------------
* Alsa and OSS audio capture has been removed from the v4l and v4l2 accesses.
See 'Access:' for more info.
* Support for Mac OS X 10.4.x was dropped due to its technical limitations

Playback:
* Instantaneous pausing
* Frame-by-Frame playback
* Finer speed control
* On-the-fly recording for all medias
* Timeshift for most medias
* RTSP trickplay support
* Subtitles core improvements and fixes

Decoders:
* New AES3 (SMPTE 302M) decoder
* New Dolby Digital Plus - E-AC-3 (A/52b) decoder
* New True HD/MLP decoder and parser
* New Blu-Ray Linear PCM decoder
* New QCELP (Qualcomm PureVoice) decoder
* Improved Real Video 3.0 & 4.0 decoder
* New WMA v1/2 fixed point integer decoder
* Closed Captions using the SCTE-20 standard are now correctly decoded
* Improvement of WavPack decoder to support all integer modes and float mode
* Corrections on 5.1 and 7.1 channel decoding and ordering

Demuxers:
* Support for Dirac, MLP and RealVideo in Matroska files
* Major improvements in RealMedia files opening (.rm and .rmvb)
* Improvements of the TS demuxer for M2TS files from Blu-Ray and AVCHD
* Metadata for mod files are supported
* GSM codecs in Wav files are supported
* New raw audio demuxer supporting raw PCM streams
* New Dirac demuxer for raw Dirac streams

Encoders:
* Dirac encoding using libdirac (supported in Ogg and in TS)
* Shine mp3 fixed-point encoder

Access:
* RTSP authentication with Darwin Streaming Server
* On-the-fly gzip and bzip2 file decompression (except on Windows)
* Playback for video in uncompressed multi-RAR archives
* DVB-S and ATSC cards support on Windows
* New OSS and Alsa accesses. The v4l2 and v4l modules no longer support
OSS or Alsa audio input. Use --input-slave alsa:// or oss:// if needed.
* DVB scanning on linux
* EXPERIMENTAL Blu-Ray Disc and AVCHD Folders support
* On-the-fly zip file decompression and browsing (MRL of the form
zip://file.zip!/file.avi to specify the file - the development form of
zip://file.zip|file.avi is not supported anymore)
* Opening of any file descriptor using 'fd://'
* MTP device access on Unix
* CD-Text support on the cdda module (CD-Audio)
* :start-time and :stop-time can handle sub-second values

Inputs:
* Mouse cursor support in x11 and win32 screen modules
* Screen module now features partial screen capture and mouse following on
Windows and Mac OS X.

Playlist:
* Export the playlist in HTML
* Lua script for BBC radio playback
* Better metadata handling and reading

Linux/Windows interface:
* Global Hotkeys on Windows and Linux
* Various fixes for skins2 interface
* Recently played items list
* Interface toolbar customizations
* Various Improvements on the Qt interface:
- More menus actions
- Finer speed slider
- Improvements on many dialogs
- New dialog for plugins listing
- Fixed-size mode for videos
- Better Teletext, trickplay and encrypted streams control
* Better integration in GTK environments

Mac OS X Interface:
* Controllable by the Media Keys on modern Apple keyboards (brushed Aluminium)
* Reveal-in-Finder functionality for locally stored items.
* Easy addition of subtitles through the Video menu
* Additional usability improvements

Stream output:
* Restored the old mpeg2 transrating module.
* Multiple bridge-in instances are now possible.
* bridge-in can be used to configure a placeholder stream.
* Remote Audio Output Protocol (AirTunes) module.
* Fixed mosaic memleak. Mosaics are now usable again.

Maemo Port:
* New Maemo port with:
- an interface based on Hildon framework.
- scaler based on the swscale_nokia770 library.

Windows CE Port:
EXPERIMENTAL work for the winCE port has been done.

Mac OS X Port:
* EXPERIMENTAL 64bit support
* Speed improvements by using llvm-gcc
* New document icons by Dominic Spitaler
* Support for latest iSight models

Audio output:
* Removed obsolete Esound and aRts plugins
* Surround support for PulseAudio

Video output:
* Effects (cube, torus, etc.) removed from OpenGL video output
* Video is able to stay in original size and to zoom in fullscreen
(hotkey 'o') while keeping black borders
* Image video output has been rewritten into a video-filter named 'scene'.
The old image video output has been removed.
* Support for scaling and converting video chromas with FFMPEG imgresample was
withdrawn due to bugs. Please use the newer FFMPEG swscale instead.

Miscellaneous:
* Invmem, a fake codec to display images from external applications

New Localization:
* Khmer
* Mongolian
* Sorani