ダウンロードする VLC Media Player 2.1.3 (32-bit)

VLC Media Player 2.1.3 (32-bit)

VideoLAN.org  (オープンソース)
ユーザーによる評価
Thank you for voting

Taking Video Snapshots With VLC Media Player

VLCメディアプレイヤーは、最も人気があり、複数のフォーマットに対応し、無料で利用できるメディアプレイヤーだ。このオープンソースのメディアプレイヤーは、非営利団体のVideoLAN Projectによって2001年に公表された。VLCメディアプレイヤーは、その幅広いマルチフォーマット対応性によってすぐさま人気を得た。多くの有名なビデオ、音楽ファイルフォーマットに対して無力なコンピュータのメディアプレイヤーであるQuickTime、Windows 、Real Media Playerらとレンダリングした相互性やコーデックの問題に取り組んだ結果、そのような対応性を得た。この簡単で基本的なUIやカスタマイズのオプションの膨大さがVLCメディアプレイヤーを無料メディアプレイヤーにおけるトップの地位でありつづけさせている。

柔軟性

VLCは、ユーザーが見つけられる音楽ファイルフォーマットのほとんどを再生する。これは公表当時、多くの人々が使用して、メディアファイルを再生しようとするときによくクラッシュまたは「コーデックミス」というエラーメッセージが表示された既存のメディアプレイヤーと比べると、革命であった。VLCはMPEG、AVI、RMBV、FLV、QuickTime、WMV、MP4を再生でき、他のメディアファイルフォーマットのロードを減らすことができる。互換性のあるファイルフォーマットのすべてをみるにはここをクリック。VLCメディアプレイヤーは、異なるフォーマットをロードできるだけでなく、VLCは部分的なまたは完全でないメディアもプレイバックでき、ダウンロードが終わる前に視聴することができるのである。

簡単に利用できる

VLCのUIは、間違いなく美しさを超えて機能性を特化した例である。基本的な外観は、しかしながらプレイヤーが極めて簡単に使えるだろうということを予期させる。ドラッグし、ファイルをドロップして、ファイルやフォルダを用いてそれらを再生、あるいは開き、それからクラシックのメディアナビゲーションボタンを使って再生、一時停止、停止、早送り、プレイバックスピードの編集、音量や明るさの変更ができる。スキンやカスタマイズオプションの膨大なバラエティの存在は、ユーザーの既存のメディアプレイヤーのようなVLCを選ぶことを避けさせるには基本的な外観だけでは十分でないだろう。

先進的なオプション

プレイバック、オーディオ、ビデオ、ツールや閲覧タブは膨大なプレイヤーオプションであり、VLCメディアプレイヤーの簡単なインターフェースがユーザーをからかうことのないように。グラフィックイコライザーやカスタマイズ可能な範囲圧縮設定を含む同期設定で再生することができる。SRTファイルをビデオのフォルダに加えることで、サブタイトルをビデオに加えることさえできるのだ。

まとめ

VLCメディアプレイヤーは、幅広く使え、安定していて、高品質の無料メディアプレイヤーである。現在10年以上にわたって無料メディアプレイヤー市場を独占しており、VideoLAN による定期的な開発や改良によって次の10年もそのようであろう。

Technical

タイトル: VLC Media Player 2.1.3 (32-bit)
ファイル名: vlc-2.1.3-win32.exe
ファイルサイズ: 23.53MB (24,677,393 バイト)
動作環境: Windows XP / Vista / Windows7 / Windows8
言語: 多言語
ライセンス: オープンソース
追加日: 2014年02月05日
作者: VideoLAN.org
www.videolan.org
ホームページ: www.videolan.org
MD5チェックサム: DF463B4C69C1531D1DA7DA3E30E7F8B5

Change Log

# Core:
* Fix broken behaviour with SOCKSv5 proxies
* Fix integer overflow on error when using vlc_readdir
# Access:
* Fix DVB-T2 tuning on Linux
* Fix encrypted DVD playback
* Fix v4l2 frequency conversion
# Decoders:
* Fix numerous issues (M2TS, VC1 interlaced, Lagarith, FFv1.3, Xvid) by updating codec libraries
* Bring fluidsynth back on Mac OS X
* Fix some Opus crashes with some filters
* Fix teletext crash on Windows
# Demuxers:
* Avoid an infinite recursion in MKV tags parsing
* Fix an issue with some Vobsub tracks
* Fix missing samples at the end of some wav files
* Fix divide by 0 on ASF/WMV parsing
# Audio output:
* Fix audio device selection via command line on Mac OS X
* Fix audio crashes on Mac OS X
# Video Output:
* Fix selection of DirectDraw as the default output for XP
* Fix transform off-by-one issue
* Fix screensaver disabling on Windows outputs
* Fix DirectDraw device enumeration and multi-display output
* Fix a potential crash when playing a fullscreen game at the same time as VLC
# Stream output:
* Fix 24bits audio MTU alignment in RTP
* Fix record file names
# Qt interface:
* Fix minimal size possible on start
* Fix a crash with the simple volume widget
* Fix a crash in the audio menu building
* Fix multimedia keys issues on Windows
* Fix opening of DVD and BD folders on Windows
# HTTP interface:
* Fix album art display on Windows
# Translations:
* Update of Bulgarian, Catalan, Czech, Danish, German, Modern Greek, Spanish, Basque, Finnish, French, Scottish Gaelic, Galician, Hebrew, Hungarian, Italian, Japanese, Korean, Malay, Norwegian Bokmål, Nepali, Dutch, Polish, Brazilian Portuguese, Portuguese, Romanian, Russian, Sinhala, Slovak, Slovenian, Swedish, Telugu, Thai, Turkish, Ukrainian and Simplified Chinese translations
* Fix encoding for Windows installer translations