ダウンロードする VLC Media Player 2.0.5 (32-bit)

VLC Media Player 2.0.5 (32-bit)

VideoLAN.org  (オープンソース)
ユーザーによる評価
Thank you for voting

Taking Video Snapshots With VLC Media Player

VLCメディアプレイヤーは、最も人気があり、複数のフォーマットに対応し、無料で利用できるメディアプレイヤーだ。このオープンソースのメディアプレイヤーは、非営利団体のVideoLAN Projectによって2001年に公表された。VLCメディアプレイヤーは、その幅広いマルチフォーマット対応性によってすぐさま人気を得た。多くの有名なビデオ、音楽ファイルフォーマットに対して無力なコンピュータのメディアプレイヤーであるQuickTime、Windows 、Real Media Playerらとレンダリングした相互性やコーデックの問題に取り組んだ結果、そのような対応性を得た。この簡単で基本的なUIやカスタマイズのオプションの膨大さがVLCメディアプレイヤーを無料メディアプレイヤーにおけるトップの地位でありつづけさせている。

柔軟性

VLCは、ユーザーが見つけられる音楽ファイルフォーマットのほとんどを再生する。これは公表当時、多くの人々が使用して、メディアファイルを再生しようとするときによくクラッシュまたは「コーデックミス」というエラーメッセージが表示された既存のメディアプレイヤーと比べると、革命であった。VLCはMPEG、AVI、RMBV、FLV、QuickTime、WMV、MP4を再生でき、他のメディアファイルフォーマットのロードを減らすことができる。互換性のあるファイルフォーマットのすべてをみるにはここをクリック。VLCメディアプレイヤーは、異なるフォーマットをロードできるだけでなく、VLCは部分的なまたは完全でないメディアもプレイバックでき、ダウンロードが終わる前に視聴することができるのである。

簡単に利用できる

VLCのUIは、間違いなく美しさを超えて機能性を特化した例である。基本的な外観は、しかしながらプレイヤーが極めて簡単に使えるだろうということを予期させる。ドラッグし、ファイルをドロップして、ファイルやフォルダを用いてそれらを再生、あるいは開き、それからクラシックのメディアナビゲーションボタンを使って再生、一時停止、停止、早送り、プレイバックスピードの編集、音量や明るさの変更ができる。スキンやカスタマイズオプションの膨大なバラエティの存在は、ユーザーの既存のメディアプレイヤーのようなVLCを選ぶことを避けさせるには基本的な外観だけでは十分でないだろう。

先進的なオプション

プレイバック、オーディオ、ビデオ、ツールや閲覧タブは膨大なプレイヤーオプションであり、VLCメディアプレイヤーの簡単なインターフェースがユーザーをからかうことのないように。グラフィックイコライザーやカスタマイズ可能な範囲圧縮設定を含む同期設定で再生することができる。SRTファイルをビデオのフォルダに加えることで、サブタイトルをビデオに加えることさえできるのだ。

まとめ

VLCメディアプレイヤーは、幅広く使え、安定していて、高品質の無料メディアプレイヤーである。現在10年以上にわたって無料メディアプレイヤー市場を独占しており、VideoLAN による定期的な開発や改良によって次の10年もそのようであろう。

Technical

タイトル: VLC Media Player 2.0.5 (32-bit)
ファイル名: vlc-2.0.5-win32.exe
ファイルサイズ: 21.86MB (22,916,830 バイト)
動作環境: Windows XP / Vista / Windows7 / Windows8
言語: 多言語
ライセンス: オープンソース
追加日: 2012年12月17日
作者: VideoLAN.org
www.videolan.org
ホームページ: www.videolan.org
MD5チェックサム: E563A65BAEA25CEF8F49FB0228CB8555

Change Log

# Access:
* Fix DVB-S delivery system detection
# Audio Output:
* Fix playback initial synchronization with PulseAudio (however similar bugs in PulseAudio version 2.0 and later still exist)
* Fix file output bug affecting floating point on big endian systems
# Demuxers:
* Fix crash with some embedded subtitle fonts
* Fix buffer overflow in HTML subtitles parser
* Fix koreus lua parser
* Improve reliability for RTSP streams sent by some IP cameras
* Fix division by 0 in AIFF demuxer
* Fix some MKV crashes when ordered editions have empty or broken links
* Fix SWF potential crash on malformed files.
# Video filters:
* Fix crash in Freetype with embedded fonts
* Fix wrong aspect ratio in some cases
# Encoders:
* Fix Mpeg-2 audio and video encoders initialization
# Mac OS X:
* Fix Reveal-in-Finder for files with non-Western file names
* Fix crash with local statistics disabled
* Fix Time counter UI look
# Win32:
* Fix https streaming
# libVLC:
* Fix audio and video track selection: The constant track identifier is now always used. Some functions previously incorrectly used the (moving) index of the track in the table of tracks.
# Translations:
* Update of Asturian, Bengali (India), Bosnian, Croatian, Czech, Danish, Dutch, Estonian, French, Galician, Scottish Gaelic, German, Hebrew, Italian, Japanese, Khmer, Malayalam, Polish, Slovak, Simplified Chinese, Traditional Chinese, Brazilian Portuguese, Turkish, Thai translations
* Initial translations for Welsh and Interlingua