1. downloads
  2. business software
  3. news
  4. reviews
  5. top apps
ダウンロードする Spybot Search & Destroy 1.6 RC1

Spybot Search and Destroy 1.6 RC1

PepiMK Software  (フリーウェア)
ユーザーによる評価
広告

Spybot - Search & Destroyは、一般的なアンチ ウイルス アプリケーションがまだ対応していない、比較的新しい脅威であるスパイウエアを検出して排除します。スパイウェアは、こっそりあなたのネットサーフィンの記録をとり、あなたのマーケティングプロファイルを作成し、その情報をあなたの知らないうちに第三者に送信して広告会社に売ってしまいます。

ご使用のInternet Explorerにインストールした覚えのない新しいツールバーが登場した場合、また明確な理由もなくブラウザがクラッシュする場合、あなたのホームページがハイジャックされて(知らないうちに書き換えられて)しまった場合、ご使用のコンピュータはスパイウェアに感染している可能性が非常に高いです。

これらの症状がなかったとしても、新しいスパイウェアはどんどん登場していますので、お使いのコンピュータは感染しているかもしれません。 Spybot-S&Dは無料ですので、お使いのコンピュータに何かが侵入しているかどうか試してみることに何も支障はありません。

Spybot-S&Dは使用履歴の削除もできます。コンピュータを他のユーザーと共有していて、他の人に作業の内容を知られたくないときに便利な機能です。 プロフェッショナルなユーザー向けとして、Spybot-S&Dはレジストリの不一致や拡張レポートの修正ができます。

タイトル: Spybot Search & Destroy 1.6 RC1
ファイル名: spybotsd160-rc1.exe
ファイルサイズ: 14.37MB (15,073,136 バイト)
動作環境: Windows(すべてのバージョン)
言語: 多言語
ライセンス: フリーウェア
追加日: 2008年06月30日
作者: PepiMK Software
www.safer-networking.org
ホームページ: www.safer-networking.org
MD5チェックサム: 6BAEC6D52D46FE1AE04975F17FBBDB84

Since Firefox 3 and Opera 9.5 support are much asked for, further speed improvements have been postponed (expect some beta update for advcheck.dll as soon as 1.6 is out though ) and we're trying to close in on the final version.

New in this release candidate is for example LASSH support for TeaTimer; in short words that means TeaTimer will now longer ask about every single registry change it does not recognize as pointing to a bad file, but will instead use the RunAlyzer LASSH database to automatically recognize and accept or deny nearly 400,000 different startup entries. This database has also been made available here on the forum, including an option for helpers to help rating new entries. Feedback on this would be appreciated.

The second new thing is that the Windows Explorer property dialog tab has been replaced by a stand-alone application (thanks to everyone insisting on this wish ) since the former was not very flexible and caused problems for some people. Instead, there is now a file/folder scanner with its own option in the context menu of files, which runs on 64 bit Windows as well (which the former solution didn't), should probably load its database somewhat faster, and allows drag'n'drop for scanning further files. Again, feedback would be welcome, especially from those who had problems with the former solution, but also about it in general.

blog comments powered by Disqus