1. downloads
  2. business software
  3. news
  4. reviews
  5. top apps
ダウンロードする Java Runtime Environment

Java Runtime Environment 1.6.0.19

Oracle  (フリーウェア)
ユーザーによる評価
広告

Javaソフトウェアを利用すれば、Javaプログラミング言語で作成された「アプレット」と呼ばれるアプリケーションを動かすことができます。 これらのアプレットを利用することで、静的なHTMLページをただ閲覧するよりも、より幅広くオンライン環境を楽しむことができます。

Java 2 Runtime EnvironmentやJava Standard Edition (JRE)などのJava Plug-in技術は、一般的なブラウザとJavaプラットフォームとの間に接続性を確立します。Javaは、ネットワークを通じてアプリケーションをダウンロードし、保護されたサンドボックス内で実行します。セキュリティの制限は、サンドボックスで簡単に設定できます。

またクロスプラットフォームなアプリケーションの多くは、正常に動作させるためにはJavaのインストールを必要とします。

タイトル: Java Runtime Environment 1.6.0.19 (32-bit)
ファイル名: jre-6u19-windows-i586-s.exe
ファイルサイズ: 15.76MB (16,525,088 バイト)
動作環境: Windows 2000 / XP / Vista / Windows 7 / Windows 8 / Windows 10 / Windows 10 64-bit
言語: 多言語
ライセンス: フリーウェア
追加日: 2010年03月31日
作者: Oracle
www.oracle.com
ホームページ: www.sun.com/java
MD5チェックサム: D23A7B6698246B42E1A0497B620E9BA8

# OlsonData 2010b
* 6u19 contains Olson time zone data version 2010b.

# Root Certificates
* Added seven new root certificates, removed three root certificates and five root certificates replaced with stronger signature algorithms from VeriSign, Thawte and GeoTrust. (Refer to 6904162.)

# Ensuring Application and Applet Security when Mixing Signed and Unsigned Code
* Signed Java Web Start applications and applets that contain signed and unsigned components could potentially be unsafe unless the mixed code was intended by the application vendor. As of this release, when mixed code is detected in a program, a warning dialog is raised. Mixing Signed and Unsigned Code explains this warning dialog and options that the user, system administrator, developer, and deployer have to manage it.

# Interim Fix for the Transport Layer Security (TLS) Man-in-the-Middle Attack
* For more information about the vulnerability and the interim fix, please see the TLS Renegotiation Issue Readme.

# Various Bug Fixes

blog comments powered by Disqus