1. downloads
  2. business software
  3. news
  4. reviews
  5. top apps
ダウンロードする Java Runtime Environment

Java Runtime Environment 1.7.0.40

Oracle  (フリーウェア)
ユーザーによる評価
広告

Javaソフトウェアを利用すれば、Javaプログラミング言語で作成された「アプレット」と呼ばれるアプリケーションを動かすことができます。 これらのアプレットを利用することで、静的なHTMLページをただ閲覧するよりも、より幅広くオンライン環境を楽しむことができます。

Java 2 Runtime EnvironmentやJava Standard Edition (JRE)などのJava Plug-in技術は、一般的なブラウザとJavaプラットフォームとの間に接続性を確立します。Javaは、ネットワークを通じてアプリケーションをダウンロードし、保護されたサンドボックス内で実行します。セキュリティの制限は、サンドボックスで簡単に設定できます。

またクロスプラットフォームなアプリケーションの多くは、正常に動作させるためにはJavaのインストールを必要とします。

タイトル: Java Runtime Environment 1.7.0.40 (32-bit)
ファイル名: jre-7u40-windows-i586.exe
ファイルサイズ: 27.69MB (29,036,456 バイト)
動作環境: Windows XP / Vista / Windows 7 / Windows 8 / Windows 10 / Windows 10 64-bit
言語: 多言語
ライセンス: フリーウェア
追加日: 2013年09月11日
作者: Oracle
www.oracle.com
ホームページ: www.sun.com/java
MD5チェックサム: FB3263A6B34EC34E79AF56C0221E6AFA

# Contains Olson time zone data version 2013d.
# This update release contains several enhancements and changes including the following:
* Java Mission Control (JMC)
- Java Mission Control (JMC) is a commercial feature available for java users with a commercial License. Includes the first release of Java Mission Control (JMC) that is bundled with the Hotspot JVM.
* JavaFX
- Includes JavaFX
* New Features and Changes
- Retina Display support on Mac OS X
- Deployment Rule Set
- Option to disable the "JRE out of date" warning
- New Security Warnings for Unsigned and Self-Signed Applications
- Local Applets return NULL for DocumentBase
- JAXP Security Improvements
- Default x.509 Certificates Have Longer Key Length
# Bug Fixes
- Aborting the update after clicking "Update" on the "Java is insecure" warning message forwards all applets to java.com/download.
- Expired (but otherwise valid) certificate are not blocked at VeryHigh Security Level.

blog comments powered by Disqus