1. downloads
  2. business software
  3. news
  4. reviews
  5. top apps
ダウンロードする Firefox 2.0 Beta 2

Firefox 2.0 Beta 2

Mozilla Organization  (オープンソース)
ユーザーによる評価
広告

Managing Browser Add-Ons In Mozilla Firefox

Mozilla Firefox は速くて、軽くて整然としたオープンソースのウェブブラウザである。2004年の公開でMozilla Firefoxは、Microsoft Internet Explorer の独占市場に最初に挑戦したブラウザであった。それ以来、Mozilla Firefox は、途切れることなくトップ3の世界的人気ブラウザでありつづけた。Mozilla Firefoxを有名にさせたカギとなる特徴は、シンプルで効果的なUI、ブラウザスピード、そして強いセキュリティ性である。このブラウザは、オープンソースでの開発のおかげで開発者や、先進的ユーザーの活動的なコミュニティにとりわけ人気である。

より簡単なブラウジング

Mozilla は多くのリソースを、ブラウジングをより速く簡単にする目的で、シンプルだが効果的なUIの作成に導入した。彼らは多くのほかのブラウザでも適用されているタブ構造を作成した。近年、Mozilla はブラウジングエリアの最大化に焦点をおいて、ツールバーコントロールを簡潔にFirefoxボタン(設定とオプションを含む)とし、さらに戻る/すすむのボタンのみにした。URLボックスは直接Google検索が可能で、Awesome Bar と呼ばれる自動予測/履歴もある。URLボックスの右側には、お気に入り、履歴、更新ボタンがある。URLボックスの右側に、検索ボックスがあり、サーチエンジンのオプションをカスタマイズすることができる。閲覧ボタンコントロールの外側で、URLの下で何を見るかコントロールする。そのとなりで、履歴をダウンロードしたり、ホームボタンがある。

スピード

Mozilla Firefox は、印象的なページロードスピードを優れたJagerMonkey JavaScript エンジンのおかげで実現した。スタートアップスピードやグラフィックレンダリングは、市場において最も速いものである。FirefoxはレイヤーベースのDirect2DやDirect3Dのグラフィックシステムを利用して複雑なビデオやウェブコンテンツを管理している。クラッシュ保護が、残りのブラウザされているコンテンツではなく、問題を止めるプラグインのみを持続させる。タブシステムとAwesome Bar は、能率化されとても素早い結果を得ているのである。

セキュリティ

Firefox は、プライバシーを考慮したブラウジングの特徴をもりこんだ最初のブラウザで、より匿名性を高め安全にインターネットを利用できるようになった。履歴、検索、パスワード、ダウンロード、クッキー、キャッシュが、シャットダウン時にすべて消去される。ほかのユーザーによる個人を識別できる情報を盗もうとしたり、機密情報をさがそうとする機会をかぎりなく減らす。コンテンツのセキュリティである、アンチフィッシング技術やアンチウイルス/アンチ悪質ソフトの統合により、ユーザーのブラウザは可能な限り安全なものである。

個人化&開発

Firefox UIの最も優れた特徴のうちのひとつは、カスタマイズである。ナビゲーションツールバーを右クリックするだけで個人用の構成をカスタマイズでき、動かしたいアイテムはドラッグとドロップするだけで良い。内蔵のFirefox アドオンマネージャーは、閲覧評価、推薦と説明と同様にブラウザの中にアドオンを見つけ、インストールすることを可能にする。サイトの著者や開発者は、先進的なコンテンツやアプリケーションを、Mozilla のオープンソースプラットフォームと拡張APIを用いて、作成できる。

タイトル: Firefox 2.0 Beta 2
ファイル名: Firefox Setup 2.0 Beta 2.exe
ファイルサイズ: 5.64MB (5,909,376 バイト)
動作環境: Windows(すべてのバージョン)
言語: 多言語
ライセンス: オープンソース
追加日: 2006年08月31日
作者: Mozilla Organization
www.mozilla.org
ホームページ: www.mozilla.com/firefox/
MD5チェックサム: 29FD01D70DD03CABA7F21CCEDE99237D

- Visual Refresh: Firefox 2's theme and user interface have been updated to improve usability without altering the familiarity of the browsing experience. For instance, toolbar buttons now glow when you hover over them. We will continue to improve the look and feel throughout the release candidate process.

- Built-in phishing protection: Phishing Protection warns users when they encounter suspected Web forgeries, and offers to return the user to their home page. Phishing Protection is turned on by default, and works by checking sites against either a local or online list of known phishing sites. This list is automatically downloaded and regularly updated when the Phishing Protection feature is enabled. Please note that at this time we are using a limited list to test the core Phishing Protection framework within the browser. Users are encouraged to wait until a future release of Firefox 2 to verify the accuracy of the list of Web forgeries.

- Enhanced search capabilities: Search term suggestions will now appear as users type in the integrated search box when using the Google, Yahoo! or Answers.com search engines. A new search engine manager makes it easier to add, remove and re-order search engines, and users will be alerted when Firefox encounters a website that offers new search engines that the user may wish to install.

- Improved tabbed browsing: By default, Firefox will open links in new tabs instead of new windows, and each tab will now have a close tab button. Power users who open more tabs than can fit in a single window will see arrows on the left and right side of the tab strip that let them scroll back and forth between their tabs. The History menu will keep a list of recently closed tabs, and a shortcut lets users quickly re-open an accidentally closed tab.

- Resuming your browsing session: The Session Restore feature restores windows, tabs, text typed in forms, and in-progress downloads from the last user session. It will be activated automatically when installing an application update or extension, and users will be asked if they want to resume their previous session after a system crash.

- Previewing and subscribing to Web feeds: Users can decide how to handle Web feeds (like this one), either subscribing to them via a Web service or in a standalone RSS reader, or adding them as Live Bookmarks. My Yahoo!, Bloglines and Google Reader come pre-loaded as Web service options, but users can add any Web service that handles RSS feeds.

- Inline spell checking: A new built-in spell checker enables users to quickly check the spelling of text entered into Web forms (like this one) without having to use a seperate application.

- Live Titles: When a website offers a microsummary (a regularly updated summary of the most important information on a Web page), users can create a bookmark with a "Live Title". Compact enough to fit in the space available to a bookmark label, they provide more useful information about pages than static page titles, and are regularly updated with the latest information. There are several websites that can be bookmarked with Live Titles, and even more add-ons to generate Live Titles for other popular websites.

- Improved Add-ons manager: The new Add-ons manager improves the user interface for managing extensions and themes, combining them both in a single tool.

- JavaScript 1.7: JavaScript 1.7 is a language update introducing several new features such as generators, iterators, array comprehensions, let expressions, and destructuring assignments. It also includes all the features of JavaScript 1.6.

- Extended search plugin format: The Firefox search engine format now supports search engine plugins written in Sherlock and OpenSearch formats and allows search engines to provide search term suggestions.

- Updates to the extension system: The extension system has been updated to provide enhanced security and to allow for easier localization of extensions.

- Client-side session and persistent storage: New support for storing structured data on the client side, to enable better handling of online transactions and improved performance when dealing with large amounts of data, such as documents and mailboxes. This is based on the WHATWG specification for client-side session and persistent storage.

- SVG text: Support for the svg:textpath specification enables SVG text to follow a curve or shape.

- New Windows installer: Based on Nullsoft Scriptable Install System, the new Windows installer resolves many long-standing issues.

blog comments powered by Disqus