1. downloads
  2. business software
  3. news
  4. reviews
  5. top apps
ダウンロードする Avast! Home Edition 4.8.1282

Avast! Free Antivirus 4.8.1282

Avast Software  (ノンコマーシャル・フリーウェア)
ユーザーによる評価
広告

Running A Rapid Scan On Your Hard Drive With Avast! Free

Avast! Free Antivirusは効果的で包括的なアンチウイルスプログラムである。信頼とAvastが作り上げた信用あるブランドによって、現在有用なアンチウイルスプログラムの最も有名なもののひとつである。Avast! Free Antivirusをそれほどに有名にし続けている重要な特徴とは、簡単UI、最適化されたスキャニングオプション、そして絶え間なく更新されるウイルス定義のデータベースである。

簡単で、改良されたUI

2014年版はより簡単により早く利用できるUIが含まれている。重要な特徴はサイドバーに簡単に届く点であり、ホームページをカスタマイズできる。そのため、よく使うツールに直接アクセスすることができる。全体の見た目は、わかりやすくコンテンツも混み合っていない。ボタンが、直感的にラベルされ位置している。

包括的保護

Avastは常にウイルス定義のデータベースを更新しているので、ユーザーのコンピュータは最新のスパイウェア、ウイルス、有害のおそれのあるウェブサイトから保護される。Avastの巨大で活動的なコミュニティが、新しいセキュリティ脅威に対して開発チームにただちに警告し、無効化されAvastのデータベースに追加される。ブラウザのアドオンはさらにコンピュータセキュリティをクッキーやソーシャルトラックのブロックなどの特徴を改良している。

スピード

Avast! Free Antivirusは範囲とスピードに基づいた5つの基本的なスキャニングオプションからなる。高速スキャンは大抵の場合有効であるー選択した削除可能なメディアやファイルを標的にし、大抵一分以内にセキュリティ脅威を認識する。スタートアップスキャンは自動的に起動時に行われ、便利な、通常のセキュリティチェックである。2014年版最適化スキャンエンジンでは、テキストコンテンツのスキャニングが以前より10分速くなっている。EXEファイルのスキャニングは、2分ほど速くなっている。メモリー容量も改善され、Avast! Free Antivirusはシステムの重さを改善し、他のタスクをより早く行うことができる。

まとめ

Avast! Free Antivirusは間違いなく無料の包括的セキュリティ管理プログラムにおける最も優れたもののひとつである。包括的セキュリティ保護を提供している一方で、比較的軽く効果的である。ブラウザのアドオンは、ブラウジングのスピードを落とすことがあるが、スキャニングはプレミアムアンチウイルスオプションと同じようには詳しくないだろう。しかし、簡単で効果的なUIと強いセキュリティ能が、無料コンピュータセキュリティを探している人にはAvast! Free Antivirusがいい選択になる理由となる。

タイトル: Avast! Home Edition 4.8.1282
ファイル名: setupeng.exe
ファイルサイズ: 27.56MB (28,900,904 バイト)
動作環境: Windows(すべてのバージョン)
言語: 多言語
ライセンス: ノンコマーシャル・フリーウェア
追加日: 2008年11月13日
作者: Avast Software
www.avast.com
MD5チェックサム: 5FD2F2BD6382A86B425833AA3C85A758

* improvements in some unpackers (Zip, 7-Zip, WinExec, Installer)
* fixed incompatibility with ext2fsd driver
* fixed a problem in The Bat! plugin (causing orphaned thebat.exe processes after the program was closed)
* added new unpacker "droppers" (by default turned on in all tasks including the real time scanner)
* fixed a problem with actions on infected files with special names
* Network Shield: added a component for blocking of malware URLs
* added the possibility of sending of statistical information about detected viruses
* added a new option of reporting of false positives
* improved the submission from the Virus Chest (now based on HTTP protocol)
* added a component for gathering of new samples from exploited pages
* implemented a limit of the maximum size of the selfdef.log file
* speed optimizations in the updater
* speed optimizations in the scanning engine
* solved a minor conflict with McAfee SiteAdvisor
* added support for the Windows Security Center in Vista SP1 (new API)
* minor fixes in the Web Shield
* removed support for ICQ a MSN Messenger alerts

blog comments powered by Disqus